ブログ

4月にもチャンス!

招き猫

今年はお年玉年賀切手が5シートも当選して、やっと今日、交換してきました。今年は招き猫のイラストです。まわりにHappyとLuckyの文字が書いてあって招福感いっぱい!ついでに書き損じを交換しようと差し出したら、「今年は4月20日にも抽選があるので。」と言われました。私だけかもしれませんが、知りませんでした!!早速、情報を得られたのは、この招き猫のおかげかも。

直前対策レッスン

実技試験

2019年前期保育士試験の実技試験は6月30日。試験に向けて練習されていることと思います。独学で練習していて、これで大丈夫かな、と不安な方のために、ゆうこサロンでは直前対策レッスンを行っています。30分レッスン2回ですが、60分レッスン1回にすることも可能です。入会金無料でお気軽にレッスンしていただけます。定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。公務員試験(幼稚園教諭)をめざす方も、お申込み可能です。詳細はゆうこサロン公式ウェブサイトをご覧ください。

https://www.yuko-salon.com/

クラシック・コンサート

桟敷席

コンサートに行き慣れている人にとって、コンサートは日常かもしれませんが、非日常を楽しむためにコンサートに出かける人もいらっしゃると思います。憧れのアーティストに会え、生の音を聴けるのが、コンサートの醍醐味。でも、いざ、コンサートに出かけて、残念な出来事があった人もいます。以前、私の知人が、「ちょっと奮発して(高価な)クラシック・コンサートのチケットを買って、着席したら、後ろの人が自分の背もたれのところに足を置いてきた。後ろを見たら、なんと有名日本人指揮者(お名前はふせておきます)だった。靴は脱いでたけど・・足が長いのかしらね?」と皮肉を交えて話したことがありました。あまりにコンサートが日常で、家のカウチと間違えたのか、お義理で行ったコンサートだったのか・・がっかりしますね。
ヨーロッパでクラシック・コンサートをご覧になったピアノの生徒様は、「夢のようだった」と話しておられました。「コンサート会場には正装で」という案内があって、ワンピースを持参されたそうです。開演までシャンパンやワインを飲みながら会話を楽しみ、素晴らしい音楽を聴いて、そのときを思い出すために(?)ワインをお土産に買ったとか。

ニ長調の色

音に色を感じる人はいるものの、それは同じ色ではないようです。たとえば、リムスキー=コルサコフは「ハ長調は白、イ長調はバラ色」と言い、スクリャービンは「ハ長調は赤、イ長調は緑」と言ったそうです。ニ長調は二人とも「黄色」だったそうですが、ニ長調に関して、「喜び」「楽しげ」というワードが出てくるのも面白いですね。また、ニ長調(D-dur)の頭文字Dは「神」(ラテン語でDeus)のDをあらわすということで、ハレルヤはニ長調(D dur)で作られたと言われています。そう考えると、また違った音楽の聴き方ができそうですね。 

モーツァルトのピアノソナタ

モーツァルトのピアノソナタK.545 はソナチネアルバムにのっていて、弾いたことがある、もしくは聴いたことがある人は多いと思います。大人になって、あらためてモーツァルトってすごいなあ!と思うことばかりです。第2楽章の心地よさといったら!とても美しい曲です(第2楽章は動画の3:00くらいから始まります)。

保育士試験 課題曲

平成31年度保育士試験の課題曲は「どんぐりころころ」と「バスごっこ」に決まったようですね。前期の実技試験の日程は6月30日(日)です。
「どんぐりころころ」はおなじみの童謡ですが、歌詞を間違って覚えているかもしれませんので、きちんと確認しましょう。「どんぶりこ」を「どんぐりこ」と歌う人、結構多いようです。「バスごっこ」、とっても楽しい曲ですね。「おとなりへ(ハイ)」というところ、楽しく歌いましょう!

試験では緊張しがちですが、怖い顔で演奏しないように、明るく、楽しく。合格に向けてがんばりましょう!

迷惑メール設定につきまして

パソコンと女性

ゆうこサロン ピアノ教室にお問い合わせいただきまして、ありがとうございます。当教室からはなるべく早くお返事させていただいておりますが、数日経っても、お返事が届かない場合、「迷惑メール設定」が有効になっていることが考えられます。
ご自身で設定されていない場合も、初期設定で有効になっていることがございますので、再度、ご確認くださいませ。よろしくお願いいたします。