ブログ

鐘の音

次回3/8のクラシック音楽講座は「フランツ・リスト」をとりあげます。
フジコ・ヘミングさんが「ラ・カンパネラ」への思いについて語っておられたことが印象的でした。「テクニックを披露するだけでは誰も感動しない。やっぱり、演奏に精神の力が中に潜んでいないと・・」。とはいえ、それはフジコさんだから言えることで、リストを演奏するにはそれだけのテクニックが必要なことも確かです。フジコさんは、「ぶっ壊れた鐘でもいいじゃない。私の鐘なんだから」みたいなこともおっしゃっていて、全然関係ないのですが、なんだか、ふと、和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」というのを思いだしてしまいました(すみません、全然関係ないですね・・)。
「ラ・カンパネラ」は選ばれた人が弾く曲、と言われるのがわかる気がします。

次クールのお知らせ

トリスタン

京都新聞文化センターのクラシック音楽講座「クラシック音楽のひととき」の次クールの内容が決まりました!

2019年4月12日(金)「ハープの魅力」

5月10日(金)「ドラマの音楽」

6月14日(金)「新世界より~新世界とは何処?」です。

いずれも第2金曜日、13:00~14:30です。

初心者向けの講座です。クラシック音楽のお話をしながら、美しい音楽を楽しみます。春はクラシック・デビューしませんか?お申込み、お問い合わせは京都新聞文化センター 075-213-8141 までお願いします。

保育士試験 課題曲

平成31年度保育士試験の課題曲は「どんぐりころころ」と「バスごっこ」に決まったようですね。前期の実技試験の日程は6月30日(日)です。
「どんぐりころころ」はおなじみの童謡ですが、歌詞を間違って覚えているかもしれませんので、きちんと確認しましょう。「どんぶりこ」を「どんぐりこ」と歌う人、結構多いようです。「バスごっこ」、とっても楽しい曲ですね。「おとなりへ(ハイ)」というところ、楽しく歌いましょう!

試験では緊張しがちですが、怖い顔で演奏しないように、明るく、楽しく。合格に向けてがんばりましょう!

フルコンとは?

ヤマハCFX

「フルコン」とは「フルコンサートグランドピアノ」のことで、コンサートホールで使うような大きなピアノです。
グランドピアノは、大きさがいろいろあります。大きさの違いは奥行きの長さ、つまり、弦の長さです。フルコンは1000人以上が入るコンサートホールでも、音が美しく届くように設計されています。
ヤマハのグランドピアノでいうと、一般家庭向きのC3で奥行き186cm、それより小さいコンパクトグランドピアノは奥行き151cmです。ヤマハのフルコンはCFXというシリーズで、奥行きは275cmです。ヤマハのHPで見ると、CFXの価格は1900万円でした。
有名なスタインウェイのD-274は、奥行きが274cm、参考価格は2400万円ほどです。前回のショパン・コンクールでも、コンテスタント(出場者)がどのピアノを選ぶのか注目されましたが、日本のピアノメーカーが選ばれるのはうれしいことで、それほど、日本のピアノの技術が進化し続けているのだと思います。

迷惑メール設定につきまして

パソコンと女性

ゆうこサロン ピアノ教室にお問い合わせいただきまして、ありがとうございます。当教室からはなるべく早くお返事させていただいておりますが、数日経っても、お返事が届かない場合、「迷惑メール設定」が有効になっていることが考えられます。
ご自身で設定されていない場合も、初期設定で有効になっていることがございますので、再度、ご確認くださいませ。よろしくお願いいたします。