ブログ

モルダウの楽譜を作りました!

スメタナの交響詩「わが祖国」より「モルダウ」のメインテーマをピアノ用にアレンジしました。悠然と流れるモルダウ川を想像しながら、楽しんで弾いていただければと思います。気軽に楽しめるようにコンパクトな長さにしています。ピアノソロ用の楽譜ですが、動画ではチェンバロの音色で演奏しています。指づかいをご覧になりたい方は動画の後半1:48からご覧ください。楽譜販売サイト、ピアスコアさんでご購入いただけます。ご購入者様のお名前ほか個人情報はこちらには一切入りませんので、安心してご購入ください。ご購入前に楽譜をご覧いただけます。

https://store.piascore.com/scores/160619

公務員試験合格!

実技試験

このたびピアノの生徒様が公務員試験の実技試験に合格されました。公立の幼稚園や保育園で働きたい方は自治体の公務員試験を受けることになりますが、実技試験ではピアノの弾き歌いの初見演奏があるところが多いです。ゆうこサロンでは、大学や大手進学塾で教えた経験をいかし、合格のポイントをお話しながらレッスンしています。合格された生徒様も、すごく努力されていました。これから受験される方もがんばってください。ゆうこサロンでは体験レッスンを行っています。国家資格の保育士試験を受ける方も、ぜひ、いらしてください。

お盆休みのお知らせ

 8月11日(木)〜8月17日(水) は楽器店の休業に合わせてレッスンをお休みさせていただきます。暑い毎日、ご自愛くださいませ。

バッハのメヌエットはバッハではない?!

バッハ

「レーソラシド レソソ ミードレミ#ファ ソソソ」この出だしを聞いただけで、「知ってる!」と思う方は多いと思います。「バッハのメヌエット」、いや実はこれ、バッハが作曲したものではないということが近年わかりました。ペツォールトという人の作品だというのが有力説です。

先日、この曲を弾きたいとおっしゃる大人の生徒様がおられました。お話をうかがうと小学生のときに学校で弾いた思い出の曲だとか。少し弾いていただくと、ハ長調で弾かれました。きっと、小学校の先生が、調号のあるト長調ではなく、ハ長調のほうが弾きやすい、と思われてハ長調で練習されたのでしょう。持ってこられた楽譜を見ずに、楽しそうに暗譜で弾いておられたのも印象的でした。素敵な思い出ですね。

ゆうこサロンでは「1曲から始めるピアノ」もレッスンします。思い入れのある大切な曲を弾いてみませんか。

 

ファイナルファンタジーの楽譜をつくりました!

ファイナルファンタジー10の「ザナルカンドにて」の楽譜を作りました🎹メロディを耳コピしてピアノソロ用に編曲しました🎼💜ピアノ演奏と楽譜のご購入先はYouTubeでご覧いただけます。後半に右手と左手が交差する「見せ場」を作りました。ぜひ、弾いてみてくださいね!

絶対音感

絶対音感

「絶対音感」とは、音を聞いたときにその高さを素早く正確に認識する能力です。音大入試では「聴音」のテストがあるため、絶対音感があると有利です。

絶対音感があると、聴いた曲を楽譜にすることができたり、楽譜を見ただけでどんな曲かわかったりします。

しかしながら、ある論文によると、「6歳を超えると絶対音感の習得が困難になる。」と述べられています。絶対音感を身につけたい人は6~7歳までに訓練したほうがよさそうです。

では、それ以上の年齢から音感教育を受けたい人はあきらめなければならないのか?というとそうではなく、「相対音感」として音を聞き分けることになります。

ピアノのお手入れ【ペダル編】

ピアノのペダルが汚れてきたので磨いてみました!ペダルは真鍮でできているため、経年変化などによって変色やさびが生じます。

素人の私でも簡単にピカピカになりました。

YouTubeでご覧いただくと、使用した材料や注意点なども記載しております。「磨けない材質のペダル」もありますので、必ず、注意事項をお読みください。