リストの「ため息」~フキハラに思う

京都ゆうこサロンピアノ教室

「ため息が迷惑」。最近は「フキハラ」という言葉があって、「意図的なため息や過度にため息をつく行為」のことなのだそうです。会社の上司にため息をつかれると、上司が不機嫌なのではないか、怒らせてしまったのではないか、と思ってしまい、それが辛くて会社を辞める人もいるのだとか。私は昔、「ため息をつくと幸せが逃げる」と言われたことがあります(笑)。ため息をつきたくなったときは、一人になって深呼吸をすると、健康にもよいそうです。

 

ピアノで「ため息」というと、リストの「3つの演奏会用練習曲」の第3曲。なんという美しいため息でしょう。しかしながら、リストはこの曲にそのようなタイトルは付けておらず、出版された際に付けられました。ハイドンもそうですが、クラシック音楽のタイトルは、作曲家がつけたものではないことが多いのです。

 

フジ子・ヘミングさんの「奇蹟のカンパネラ」というCD(今は廃盤になったかもしれません)の第1曲が「ため息」で、それまで聴いたほかのピアニストとは違う、深い味のある音色が流れました。同じ曲でも、ピアニストによって、こんなにも違うものかと思ったものでした。そのCDに描かれたフジコさんの絵もとても素敵でした。