シューベルトの事件!

1956年、東独で発行されたシューマンの没後100年記念切手は、当初発行された際、誤って背景の楽譜にシューベルトの「さすらい人の夜の歌」が使われました。あわてた政府はあらためてシューマンの「月の夜」の楽譜に差し替えて再発行しました。いわゆる「エラー切手」です。「月の夜」はシューマンの妻クララのよってピアノ用に編曲されました。動画では「月の夜」とともにその切手をご覧いただけます。初級~中級レベルで弾ける曲ですので、ぜひチャレンジしてみてください。