絶対音感

絶対音感

「絶対音感」とは、音を聞いたときにその高さを素早く正確に認識する能力です。音大入試では「聴音」のテストがあるため、絶対音感があると有利です。

絶対音感があると、聴いた曲を楽譜にすることができたり、楽譜を見ただけでどんな曲かわかったりします。

しかしながら、ある論文によると、「6歳を超えると絶対音感の習得が困難になる。」と述べられています。絶対音感を身につけたい人は6~7歳までに訓練したほうがよさそうです。

では、それ以上の年齢から音感教育を受けたい人はあきらめなければならないのか?というとそうではなく、「相対音感」として音を聞き分けることになります。