頭痛に効くクラシック音楽

「白鳥」は、フランスを代表する作曲家サン=サーンスが1886年に作曲した、全14曲からなる組曲「動物の謝肉祭」のなかの1曲です。あまりにも有名なこの曲は「頭痛が治るクラシック音楽」としてテレビで紹介されたことも。1/f揺らぎのような音の粒が副交感神経を刺激して、リラックスさせてくれるそうです。水面が揺れてキラキラと輝く様子をアルペジオに、白鳥が優雅に泳ぐ姿を美しいメロディにのせた名曲です。