月の光

「月の光」は ドビュッシー が作曲しました。「静寂な月の光は悲しくも美しい。木々にとまる鳥たちを夢に誘い、すらりと大きな大理石の噴水をうっとりとすすり泣かせる。」というヴェルレーヌの詩にインスピレーションを得たといわれています。楽しみと悲しみという対照的な感情がこの曲に込められています。ドビュッシーが愛したベヒシュタイン のピアノで演奏しました。