シンドラーのリスト

 「シンドラーのリスト」はスピルバーグの作品で、映画ではヴァイオリンをイツァーク・パールマンが演奏しました。パールマンの演奏を初めて聴いたのは確かメンコン(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲)でしたが、あまりの美しい音色に聴き入ったことを覚えています。今年、日本におけるフェアウェル(お別れ)ツアーが開催されるというニュースを知り、ショックでした。