作曲家の恋愛模様

「恋とはどんなものかしら」はモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」のなかで思春期のケルビーノが歌うアリエッタ(小さなアリア)です。

「愛というものをご存じのご婦人がた。ぼくの胸にも、その愛というものが宿っているかどうか、見てみてくれませんか?」

このケルビーノくん、この歌を憧れの侯爵夫人に歌うのですが、侯爵夫人は「あら、お上手ね」とさらりと大人の女性の対応をしつつも、ちょっとドキドキしているのです。

クラシック音楽家も様々な恋愛をして曲を書きました。3/13(金)のクラシック音楽講座は「作曲家の恋愛模様」。初心者向けの音楽講座です。詳細はゆうこサロン公式ウェブサイトをご覧くださいませ。一緒にクラシック音楽を楽しみましょう。