拍手のタイミング

観劇

クラシック・コンサートは敷居が高いと言われる理由のひとつが「マナー」かもしれません。なかでも、難しいのが「拍手するタイミング」。意外なことに、クラシック・コンサートに行き慣れている人も、失敗しやすいのが拍手です。「フライング拍手 要注意」なる曲があるくらいで、とても小さい音で終わる曲はどこで拍手したらいいものか・・。その解決方法は、「拍手するタイミングがわからない場合は、先に拍手しないこと」です。

交響曲などは「楽章間で拍手しないのがマナー」と言われていますが、曲が途切れたのでとりあえず拍手する方もいらっしゃり、それにつられて拍手してしまった、ということもあるかと思います。わからないときは、先走って違うところで拍手するより、周りの様子をみて拍手したほうがよいでしょう。カーテンコール、アンコールと続くときは、拍手する時間がたっぷりありますので、周りに合わせて、ゆっくりと楽しみましょう。