クーラウ

クーラウ

写真はフリードリヒ・クーラウです。ピアノのレッスンで「ソナチネアルバム」を弾いたことがある人はご存じかと思います。私も、子供の頃は夢中で弾きましたが、大人になって改めて聴くと、「やっぱりいいなあ!」と思います。

 子供の頃、夢中になったものの、クーラウについて詳しく知ることもなく過ぎてしまいました。実は、クーラウはベートーヴェンを訪問して、「記憶がなくなるほど」お酒を飲んだというエピソードがあります。余程楽しかったのか、このとき、ベートーヴェンはクーラウに曲をプレゼントしました。タイトルは、クーラウの名前をもじって「キュール ニヒト ラウ」。「冷やしなさい、生ぬるくなく」という意味です。何を冷やすのかというと「白ワイン」です!

クラシック音楽講座はもちろん、ピアノレッスンでも、時間があるときは、生徒様にエピソードをお話しています。ピアノに向かう時間が楽しいものになればいいなと思います。